円形脱毛の原因とは・・

   

実はまだ円形脱毛症の原因ははっきりしておりません。ただし可能性としては下記の2点に絞られておりますのご紹介いたします。 
 

1,免疫異常(アレルギー)

炎症を鎮めようとすることで起きたり、他の免疫異常疾患(甲状腺疾患、尋常性白斑。糖尿病、アトピー性皮膚炎など)と同時に起こりやすいといわれています。 しかし、詳細についてはまだよくわかっていません。
  

 

2,精神的ストレス

ストレスにより血管が収縮し、その部分の粘膜が死んでしまい、潰瘍すなわち穴があいた状態になってしまうのです。もし同じことが頭皮で起きたら・・・という可能性があります。家庭内や、仕事上の問題が原因で起こるケースも増えています。
 
 

 円形脱毛症の症状とは

 

自覚症状など何も無くある日突然、頭にコイン大のハゲができる。
 円形の脱毛巣がひとつだけできるものから髪全体が抜けるもの、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、ほぼ全身の毛が抜ける。
 脱毛巣周囲の毛を軽く引っ張ってみて、数本の毛が抜ける間は進行中です。 
 
基本的には進行が止まれば、多くの場合は数カ月後に軟らかい毛がはえてきて、その後硬い毛がよみがえってきます。
 放置していても自然治癒するといわれていますが、円形脱毛症になりやすい体質の人がいます。そういう人はしばしば再発を繰り返します。
 
 治癒後5年以内に約40%が再発するといわれています。
 また頭髪のみでなく、全身の毛が抜ける汎発性脱毛症では予後が悪いことが多いようです。
 

 
最近では、小学生の子供がかかるケースが増えています。  残念ながらきちんとした解決方法はありません。しかし、auraに通って頂いているお客様の再発率はとても低いです。
 
基本的な頭皮ケアとマッサージをしていくことで頭皮環境を改善していき、円形脱毛になることが低くなることは解ってきていると思います。
このようなケースの詳しいケア方法などは、1人ひとりの症状を観せて頂き処方していきますので、カウンセリングからスタートしてみるのも良いと思います。
 
 
 

この記事を読んだ人にオススメの縮毛矯正関連記事